「とうきょうナースステーション」良いポイントのはここです!

・はじめに

  • ・自己紹介
  • ・私の転職の経緯

・とうきょうナースステーションの良いポイント

・まとめ

「とうきょうナースステーション」のここが良い!
1.はじめに
(1)自己紹介
簡単に私の自己紹介をさせていただきます。
私は20代で看護師歴は約3年半です。看護学校卒業後は、都内の総合病院に半年間勤務し、その後埼玉県の病院へ転職しました。転職サイトを利用して転職活動をしたのですが、その時の経験を踏まえながら、「とうきょうナースステーション」を見ての感想をお伝えしていきます。

(2)私の転職の経緯
私は看護学校卒業後、病床400床程度の都内の病院へ入職しました。
新卒での病院選びは、「新卒看護師はとりあえず急性期で3年間経験を積む」という暗黙の了解があったため、急性期病院の中から選びました。

同級生もほとんどの人は急性期の大学病院や公立病院に就職しており、精神科や慢性期、在宅看護、施設を選ぶ人はほとんどいませんでした。

希望する急性期の病院に無事就職することができましたが、毎日の忙しい環境やプリセプターとの関係に悩み、体調を崩し、最終的には適応障害と診断されるところまで追い込まれてしまいました。

通っていた精神科の先生から、働く環境を変えることを勧められ、もう少し自分のペースで仕事ができるような慢性期の病院へ転職することにしました。退職する3か月前から転職サイトを利用し、退職の1か月前には転職先の内定が決まりました。

2.とうきょうナースステーションの良いポイント
私がなぜ転職サイトを利用したかというと、実際のところはなぜ使ったか覚えていません。

今考えれば自分で探す手段もあったな、と思いますが、気づいたら転職サイトに行きつき、転職活動をしていました。適応障害と診断されるまで追い込まれ日々働いている中で、自分ひとりで一から病院を探していく選択肢は当時無かったのだと思います。
「とうきょうナースステーション」をみて、良いと思ったポイントを以下にまとめていきます。

(1)病院団体の運営だから入手できるリアルな求人情報がある!
「とうきょうナースステーション」は、病院団体が運営する看護師転職支援サービスであり、一般的に入手しづらいとされる人事情報やリアルな待遇など、どこよりも詳しい情報にアクセスできる、とあります。

さきほども書いたように、働きながら病院の待遇や病棟毎の残業時間、離職率、人間関係など一つ一つの病院について自分で調べていくのはとても労力のかかる大変な作業です。また、口コミサイトなどで自分が知り得た情報が正しいかどうかは分かりません。

病院の内情を知り尽くした転職エージェントにお任せするのは、とても安心感があると思いました。

(2)定着できる転職をサポートしてくれる!
「看護師 転職」と検索すると数多くの看護師転職サイトが出てきます。転職サイトを利用した人から「希望するような病院を紹介されなかった」「病院見学や面接の日程を急いで決められた、応募させられた」という声を聴いたことがあり、転職サイトへの悪い印象もあります。

「とうきょうナースステーション」では、求職者と病院との相性を考慮し、転職することだけを目的をせず、定着できる転職をサポートしてくれます。

私の勤めていた急性期の病院では、毎日手術があり入退院も多い環境でした。休憩時間はろくに取れず、定時で上がることもほぼ無く毎日3~4時間程の残業がありました。
転職エージェントにはこの状況をお話し、慢性期で残業が少ない、落ち着いた環境の病院に転職したいことを伝え、病院を紹介してもらいました。実際に転職しましたが、休憩時間はしっかりとることができ、残業も毎日ほぼありません。

前職場のような慌ただしい環境も無く落ち着いて仕事することができました。転職先の環境は自分に合っていたのだと思います。

「新卒看護師はとりあえず急性期で3年間経験を積む」という暗黙の了解がありますが、自分と職場の環境が合うことが働く上で一番であると私は思います。
新卒1年未満で急性期を退職した人は転職できないという話を聞いたことがありますが、慢性期・療養病院・精神科・クリニックなど看護師が働く場は沢山あります。実際私も転職し、3年間働き続けることができました。

「とうきょうナースステーション」は、病院に関する良いことだけでなく、悪いことも教えてくれるため、自分の希望やライフスタイルとマッチした転職先を選ぶことができるのではないでしょうか。
また、長期的にさまざまなサポートを受けることもできます。

入社後までエージェントさんがサポートしてくださるのは一人で転職活動するより心強いです。

3.まとめ
「東京ナースステーション」では、リアルな情報で定着できる転職を行うことができます。
今の職場に不満・不安がある方、転職で悩んでいる方はぜひ利用されてみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP
⏩ 薬剤師転職は、此方から